ベルカント音楽学院ベルカント音楽学院


オカリナは、ぬくもりのある素朴な音で人々に親しまれています。陶器製でヨーロッパで発達した、素朴な音が出て誰でも気軽に吹ける楽器です。小さい楽器から大きい楽器があり、吹き分けることによって音域が広がりアンサンブルなども楽しめます。小さいものは少ない息で吹けるので、どなたでも気軽に楽しむことができます。クラッシック、日本の歌、童謡、映画音楽、歌謡曲などお気に入りの歌を吹いてみませんか?生徒さん同士のアンサンブルも楽しめます。

細山 友子 オカリナ・フルート講師

武蔵野音楽大学フルート専攻卒業。フルートを牧野正純、佐伯隆夫、故斉藤賀雄の各氏に師事。「もっと身近に生の音楽を」の主旨のもと、 ジョイントリサイタル、サロンコンサート、学校などの施設訪問コンサート他各種イベントなどに多数出演。1991年ベルカント音楽学院を創設し副学院長を務める。 2007年よりフルートアンサンブル「紙ふうせん」の指導にあたる。

講師より一言
オカリナはクラッシック、日本の歌、童謡、映画音楽、シャンソンなど幅広く楽しむことができて大変優れた楽器だと思います。お気に入りの曲を一緒に吹いてみませんか?安らぎをあたえてくれるだけではなく、深い呼吸や指先の運動は体にとても良いですよ。